2009年08月12日

明石タコの豊漁と明石・タコ検定「達人編」

明石タコが豊漁だという。漁獲量が例年の2倍らしい。

海底タコだらけと漁師が言ったというが、想像すると気持ち悪くなる。

価格が2〜3割安くなっているという。

オレのところから離れているので、近くのスーパーには入ってこないだろう。

明石港近くの鮮魚店でも行かないと、その恩恵にあずかれないんのかね。

オレはタコを刺身で食べるか、ボイルしたものをぶつ切りにして酢味噌で食べることが多い。

これなら、嫁さんに頼まなくても自分でできるので、酒の肴がスグ出来る。


ところで、「明石・タコ検定」というのがあるんだよね。

明石のおさかなに関する生態や産業、食文化や歴史などの問題がでるそうだ。

受験料が3000円 で、定員が300名になっている。

オフィシャルサイトの「目指せ!おさかな通!!明石・タコ検定」を見ると

今年は、第5回「明石・タコ検定」が、7月5日(日) に検定がおこなわれたので

来年でないとダメだ。

その前の6月には、受験対策セミナーまで開催されていた。

公式テキストブックと参考ガイドブックが紹介されているが、

興味があるなら、「明石・タコ検定公式テキストブック」を買って勉強するとよい。

このサイトには、いま「明石・タコ検定“おさかな通”」の合格者だけが

チャレンジできる上級検定が「達人編」のっている。

この定員は30名だが、筆記試験と視覚試験、味覚試験があるのでちょっと難しそう。

検定実施日は、平成21年10月18日(日) になっている。

これの登録受付期間が平成21年8月17日(月)〜31日(月) までとなっている。
posted by imatone at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本の音楽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。