2008年11月23日

「おにぎり」大好き

ウチの方では子供のころは
おにぎり」より「おむすび」という言葉のほうが

なじんでいたが、
今ではめったに「おむすび」は聞かなくなり

「おにぎり」と言っている。

広島市を中心とする地方では、一般家庭や外食産業でも
「おにぎり」でも通るが

「むすび」や「おむすび」)と呼ぶ傾向にあるようだ。

「おむすび」の元は、御所の女房言葉であるが、
「おむすび」と「おにぎり」の違いは諸説があるようだ。

そのひとつに、「おむすび」は俵型で
「おにぎり」は三角型だという説がある。

全国の地域言い方に、かなり異なるかと思っていたが
意外とはっきりとした区分けもないようだ。

話によると沖縄県や北海道などの一部の地域では、
コンビニで「おにぎり」を買うと、

店員から「温めますか?」
と聞かれることがあるという。



ウチでは時々夕食のときに作る。
今は三角形が多いが、以前は俵形だった。

これも世代による違いで
三角形のほうが見た目によく、食べやすいかもしれない。

ウチのオチビさん達は、「おにぎり」ほぼ毎日食べている。
海苔が好きなこともあり

茶碗のご飯を自分で
握って海苔を付けて食べている。

大人たちも食欲がないとき
以外に食べることができたりする。

気をつけないとつい食べ過ぎてしまう。

真っ白なご飯に梅干しや鰹節・昆布などの佃煮を
具にはさむことが多い。

時期もあるが、菜飯を「おにぎり」にしても美味しい。

自分は外出時の弁当は梅干の「おにぎり」が多い。
ことにウォーキングのときなどは、梅干が一番だ。

子供のころからの刷り込みもあるだろうが

長年ウォーキングしていて、
その間に色々な具の「おにぎり」持っていったが梅干に落ち着いた。



posted by imatone at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本の音楽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。